インプラント治療を安くする方法はある?手順や注意点を紹介

公開日:
更新日:

失った歯を取り戻す治療のなかでも、審美性や耐久性に優れているという理由から、インプラント治療は高い人気を誇ります。
しかし、インプラントは費用が高額であるため、なかなか治療を受ける決心がつかずにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、インプラント治療にかかる費用を安くする方法を詳しく紹介します。
なるべく費用を抑えてインプラント治療を受けたいとお考えの方は、最後までご覧ください。

梅田で歯医者・歯科をお探しならデンタルオフィス大阪梅田までご相談ください

インプラント治療が高額である理由

インプラントの治療費が高額である理由は以下のとおりです。

インプラント治療が高額である理由

  • 自費診療が前提であるため
  • 治療に高度な技術が求められるため
  • 治療に時間がかかるため
  • 設備やインプラント自体にコストがかかるため

インプラント治療ならびにインプラントのメンテナンスは、基本的に健康保険が適用されないため、自費で治療を受ける必要があります。
くわえて、担当医に専門性の高い知識ならびに技術が求められという点も、治療費が高額である理由の1つです。

こちらの記事では、インプラントの治療費が高い理由や治療費の負担額を抑えるためのポイントを解説していますので合わせてご覧ください。
関連記事:インプラントの治療費が高い理由や治療費を抑える方法を紹介

インプラント治療にかかる費用の内訳

ここからは、インプラント治療にかかる費用の内訳を紹介します。

インプラント治療にかかる費用の内訳

治療の内容費用の目安
相談やカウンセリング無料
CT撮影やレントゲン撮影1万円程度
インプラント本体ならびに手術25万円程度(1本あたり)
アバットメント(土台)の作成5万円程度(1本あたり)
人工歯(被せもの)の作成10万円程度(1本あたり)
手術後のメンテナンス3,000円程度(1回あたり)

上記はあくまでも目安であり、歯科医院ごとに治療にかかる費用は大きく異なります。
また、歯科医院によっては独自の検査を行っており、それによっても費用が左右される可能性もあるため、治療を受ける前にはどのくらいの費用がかかるのかを確認しましょう。

こちらの記事では、インプラント治療で1本あたりにかかる費用の相場に治療にかかる費用を詳しく解説していますので合わせてご覧ください。
関連記事:インプラント1本あたり費用相場と治療費を抑える方法

インプラント治療にかかる費用を安くする方法

インプラント治療にかかる費用は高額ではあるものの、実は支払う金額を安くする方法も存在します。
治療費の負担を抑える方法を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

方法①医療費控除を活用する

インプラント治療にかかる費用を抑えたい場合は「医療費控除」を利用しましょう。
確定申告や年末調整の際に、この医療費控除を申請すると、支払った医療費の一部が戻ってきます。

医療費控除は、1年間で支払う医療費が10万円を超えた場合に適用されるため、治療費が高額であるインプラント治療は、原則として控除の対象に含まれます。

申請方法

インプラント治療において医療費控除を受ける場合は、以下の書類を提出する必要があります。

医療費控除を受けるために用意する書類

書類の書類入手する方法
医療費控除のお知らせ加入している保険組合から送られてくる
医療保険控除の明細書国税庁のホームページでダウンロードする

上記の書類を記載したうえで、確定申告の際に提出することで、医療費控除の申請の手続きは完了します。
ただし、場合によっては、税務署から領収書の提出を求められることもあるため、歯科医院でインプラント治療ならびにメンテナンスを受ける場合は、領収書を必ず保管しましょう。

関連記事:インプラント治療の医療費控除とは?申請方法を詳しく紹介

注意点

インプラント治療は、口内の機能を回復させることを目的とした医療行為であるため、医療費控除の対象に含まれます。
ただし、歯の色や歯並びといった、口内の審美性を高めることを目的としてインプラント治療を受ける場合においては、医療費控除の対象外になることもあります。

「インプラント治療を受けたものの、医療費控除の対象外だった」といったことにならないように、自身が受ける治療が、医療費控除の対象であるかどうかを事前に確認しましょう。

方法②高額療養費制度を活用する

「高額療養費制度」とは、治療にかかる費用が高額である場合に、自己負担限度額を超過した分の金額が払い戻される制度のことです。

自己負担限度額は、年齢や収入、世帯の人数などに応じて決められるため、人によって金額は異なります。

適用条件

高額療養費制度は、治療が保険適用である場合に適用される制度です。
そのため、保険適用外であるインプラントの治療においては、高額療養費制度を受けられないというケースがほとんどです。

ただし、先天性の病気や事故などによって歯を失った場合は、インプラント治療であっても保険が適用され、高額療養費制度の対象となる場合もあります。
ご自身が受けようとしているインプラント治療が、保険ならびに高額療養費制度の対象であるかどうかは、歯科医院に確認しましょう。

注意点

高額療養費制度では、治療費を支払った数か月後に払い戻しが行われます。
そのため、歯科医院に治療費を支払う段階では、その全額を自分で用意しなければならないという点には注意が必要です。

方法③デンタルローンを活用する

「デンタルローン」とは、歯科治療にかかった費用の支払いを金融機関に立て替えてもらい、あとから金融機関に分割払いで費用の返済を行うローン制度のことです。
治療費自体を安くする方法ではないものの、一度に大きな金額を支払わなくてもよいため、月々の負担を抑えられます。

まとまった金額が用意できない場合であっても、インプラント治療を受けられるという点が大きなメリットです。
また、クレジットカードの分割払いと比較すると金利が低く設定されているという特長もあります。

ただし、金利手数料が治療費に上乗せされるため、本来の治療費よりも実際に支払う金額が高くなるという点には注意が必要です。

インプラント治療を受ける歯科医院を料金だけで選んでもよいのか

インプラント治療にかかる費用は高額であるため、少しでも治療費が安い歯科医院を選びたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
結論から申し上げますと、インプラント治療を受ける歯科医院を料金の安さだけで選ぶことはおすすめしません。

インプラント治療を安全に進めるためには、技術が高い担当医が所属しており、なおかつ診療設備が充実している歯科医院で治療を受ける必要があります。
格安で治療が受けられることを強調している歯科医院は、検査やヒアリングが不十分である、あるいは担当医の技術が低い傾向にあり、トラブルに発展することが考えられます。

そのため、インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶ際には、料金ではなく、歯科医院の設備や治療の実績、担当医の技術などを重視しましょう。

関連記事:【インプラント治療】専門医と歯科医院の選び方を徹底解説

インプラントの治療費を安くする方法には医療費控除や高額療養費制度の利用などがある

いかがでしたでしょうか。

インプラント治療は、自費診療が前提であることにくわえ、担当医に高度な技術が求められる歯科治療です。
さらに、手術にかかる時間が長いことや、インプラント自体のコストが高額であることなどもあり、治療費も高い傾向にあります。

インプラント治療の費用を安くする方法としては、医療費控除や高額療養費制度などを利用することなどが挙げられます。
ただし、これらの制度を利用するためには、一定の条件を満たしたうえで、適切な方法で申請を行う必要があるという点は覚えておきましょう。

世航会ではインプラント治療を取り扱っています。
信頼できる歯科医院をお探しの方は、ぜひ当院にご相談ください。

世航会では、高品質なインプラント治療を低価格で行っています。
カウンセリングも丁寧に行っておりますので、医療費控除の疑問がある場合もご相談ください。
大阪梅田でインプラント治療をご検討中なら「デンタルオフィス大阪梅田」までお越しください。

コラム監修者

監修者の写真

中島 航輝
なかじま こうき

役職

理事長(梅田院の院長)

資格

略歴

  • 1997年 明海大学 歯学部入学
  • 2003年 同大学 卒業
  • 2003年 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 顎口腔機能再構築学系 摂食機能保存学講座 摂食機能保存学分野 博士課程 入学
  • 2006年 顎咬合学会 特別新人賞
  • 2007年 同大学院 修了 歯学博士所得
  • 2007年 東京医科歯科大学 歯学部附属病院 医員
  • 2007年 世田谷デンタルオフィス 開院
  • 2008年 医療法人社団世航会 設立
  • 2013年 明海大学歯学部 保存治療学分野 非常勤助教
  • 2014年 明海大学歯学部 保存治療学分野 客員講師
  • 2015年 昭和大学歯学部 歯科矯正学分野 兼任講師
  • 2016年 明海大学歯学部 補綴学講座 客員講師
  • 2020年 日本大学医学部 大学院医学総合研究科生理系  入学

著者本など

「まずはこの1冊から! はじめてのホワイトニング」
「dentist インタビュー記事」
「東京ドクターズ インタビュー記事」

ネット予約 ネット予約 電話をかける