インプラント治療でセカンドオピニオンを受けるメリットとは

公開日:
更新日:

インプラント治療のカウンセリングを受けた方のなかには「主治医の説明に納得できない」「治療費の相場がよくわからない」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合は、セカンドオピニオンを受けるという選択肢があります。

今回は、インプラント治療を受ける際に、セカンドオピニオンを利用するメリットを紹介します。
不安を解消したうえで、安心してインプラント治療を受けたいとお考えの方は、最後までご覧ください。

梅田で歯医者・歯科をお探しならデンタルオフィス大阪梅田までご相談ください

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、医科あるいは歯科治療を受ける際に、主治医以外の医師に「第2の意見」を求める行為のことです。

主治医の診断や提案された治療法に対して、患者様が不安を抱いたまま治療を始めてしまうと、治療がうまくいかないリスクや、治療後に後悔する可能性があります。
そこで、ほかの医師に意見を聞く、セカンドオピニオンとよばれる制度を利用することで、最初の診断が正しいかどうか、また治療法が適切かどうかを確かめられます

歯は一度抜いたり削ったりしてしまうと、もとには戻りません。
さらに、インプラント治療は、入れ歯治療やブリッジ治療と比べると、治療期間が長く治療費もかかるため、納得したうえで治療を進めることが大切です。

そのため、インプラント治療を受ける際に、主治医の診断や治療法に対して疑問や不安を感じる場合は、セカンドオピニオンの利用を検討してみてください。

セカンドオピニオンの利用を主治医に伝えたほうがよい?

インプラント治療で、セカンドオピニオンを利用する場合「主治医に伝えにくい」とお困りの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、セカンドオピニオンは患者様の適切な治療法を選択するための正当な権利なので、主治医にしっかりと伝えましょう。
主治医に伝えると、診断に使用したレントゲン写真や、紹介状を用意してもらえるため、手続きをスムーズに進められます。

万が一、セカンドオピニオンの利用を主治医に拒まれた場合は、患者様のことを第一に考えずに治療を進める歯科医師の可能性があるため、転院を検討することが望ましいです。

インプラント治療でセカンドオピニオンを利用する3つのメリット

ここからは、インプラント治療を受ける際に、セカンドオピニオンを利用する3つのメリットを紹介します。

メリット①主治医の説明が適切かどうかを確認できる

セカンドオピニオンを利用すると、主治医の診断や提案された治療法が適切かどうかを確認できます

インプラント治療は専門性の高い治療法であるため、歯科医師によって診断力や技術力に差が生じます。
そのため、セカンドオピニオンを利用して、主治医の説明が合っているかどうかを確かめましょう。

セカンドオピニオンを利用した結果、主治医とほかの医師が同じ診断を下した場合は、安心してインプラント治療を受けられます。
しかし、異なる診断が出た場合は誤診である可能性もあるため、診断のやり直しや、治療法の見直しを考えなければなりません。

また、インプラント治療を断られていても、ほかの歯科医師にはインプラント治療を行えると診断される場合もあります。
このように、セカンドオピニオンの利用は治療法の選択肢を増やすことにもつながります。

メリット②治療費が適正かどうかを判断できる

インプラント治療でセカンドオピニオンを利用するメリットとして、治療費が適正かどうかを判断できるという点も挙げられます。

インプラント治療は、医療保険が適用されない自由診療に該当するため、歯科医院ごとに独自の値段を設定できます。

インプラント治療にかかる費用の相場は、検査や手術、インプラント本体の費用などを合わせて、1本あたり30万~40万円程度です。
しかし、歯科医院によっては、1本あたり10万~70万円などと、相場と差が生じる場合があります。

くわえて、実際にインプラント治療にかかる費用は、患者様の顎の骨の状態によって変動します。
患者様ご自身の治療費を正確に比較するためにも、セカンドオピニオンを利用して、適切な治療費なのかどうかを確認しましょう。

こちらの記事では、インプラント治療で1本あたりにかかる費用の相場などを解説しています。合わせてご覧ください。
関連記事:インプラント1本あたり費用相場と治療費を抑える方法

メリット③インプラント治療の理解が深まる

セカンドオピニオンの利用は、インプラント治療の理解が深まります。

インプラント治療が適切な治療法であったとしても、患者様が疑問を持ったまま治療を始めてしまうと、不安な状態で治療を受けなければなりません。

セカンドオピニオンを利用すると、質問を重ねることで疑問を解消できるだけではなく、インプラント治療への理解を深められるため、納得したうえで適切な治療法を選べます

しかし、最終的には、患者様ご自身で治療法を選択する必要があります。
インプラント治療を受けたあとに後悔しないためにも、疑問や不安がある場合はセカンドオピニオンを利用してみましょう。

インプラント治療でセカンドオピニオンを利用する際のポイント

セカンドオピニオンを利用する際は、インプラント治療に精通している歯科医師を探しましょう。

歯科医師であれば、インプラント治療は行えます。
しかし、専門的な知識がない場合、適切な診断や施術を行うことが難しいとされています。
適切なセカンドオピニオンを受けるためにも、インプラント治療の経験や実績が豊富な歯科医師に依頼することが大切です。

また、セカンドオピニオンを利用する前に、インプラント治療の質問を準備しておきましょう。
質問の例としては、治療対象の歯だけではなく、噛み合わせなどの口腔内全体にまつわる確認や、主治医の診断と提案された治療法に対する正当性などが挙げられます。

聞きたい内容を明確にしておくことで、インプラント治療の疑問や不安の解消につながります。

インプラント治療でセカンドオピニオンを利用する際の注意点

セカンドオピニオンをインプラント治療に役立てるためには、セカンドオピニオンを依頼した歯科医師に、話をしっかりと聞いてもらえるかどうかを確かめましょう。

セカンドオピニオンを受ける際に、患者様の話をあまり聞かずに、転院を強く勧めたり、治療を急かしたりする歯科医師がいるかもしれません。
そのような歯科医師は、患者様よりも利益を優先する可能性があるので、ほかの歯科医師にセカンドオピニオンを依頼することが望ましいです。

また、カウンセリングや検査の費用は、歯科医院によって無料のところもあれば有料のところもあります。
そのため、セカンドオピニオンにどのくらいの費用がかかるのかという点を、利用を検討している歯科医院のホームページで調べておきましょう。

セカンドオピニオンを利用するとインプラント治療の不安が解消できる

いかがでしたでしょうか?

セカンドオピニオンとは、医科あるいは歯科治療を受ける際に、主治医以外の医師に「第2の意見」を求める行為のことです。
インプラント治療でセカンドオピニオンを利用すると、主治医の診断や提案された治療法が適切かどうかを確認できます。

また、セカンドオピニオンを利用するメリットとして、治療費が適正かどうかを判断できるという点や、インプラント治療の理解が深まるという点が挙げられます。

世航会は、梅田駅から徒歩1分の場所にある歯科医院です。
丁寧なカウンセリングを心がけておりますので、インプラント治療に疑問や不安をお持ちの方は、セカンドオピニオンとしてもご来院ください。

世航会では、高品質なインプラント治療を低価格で行っています。
カウンセリングも丁寧に行っておりますので、医療費控除の疑問がある場合もご相談ください。
大阪梅田でインプラント治療をご検討中なら「デンタルオフィス大阪梅田」までお越しください。

コラム監修者

監修者の写真

中島 航輝
なかじま こうき

役職

理事長(梅田院の院長)

資格

略歴

  • 1997年 明海大学 歯学部入学
  • 2003年 同大学 卒業
  • 2003年 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 顎口腔機能再構築学系 摂食機能保存学講座 摂食機能保存学分野 博士課程 入学
  • 2006年 顎咬合学会 特別新人賞
  • 2007年 同大学院 修了 歯学博士所得
  • 2007年 東京医科歯科大学 歯学部附属病院 医員
  • 2007年 世田谷デンタルオフィス 開院
  • 2008年 医療法人社団世航会 設立
  • 2013年 明海大学歯学部 保存治療学分野 非常勤助教
  • 2014年 明海大学歯学部 保存治療学分野 客員講師
  • 2015年 昭和大学歯学部 歯科矯正学分野 兼任講師
  • 2016年 明海大学歯学部 補綴学講座 客員講師
  • 2020年 日本大学医学部 大学院医学総合研究科生理系  入学

著者本など

「まずはこの1冊から! はじめてのホワイトニング」
「dentist インタビュー記事」
「東京ドクターズ インタビュー記事」

ネット予約 ネット予約 電話をかける